久しぶり更新となります(汗)
今後もできるだけ投稿できればと考えています。

IPoE接続とPPPoE接続との違い

一般的なインターネット接続は、ルーターがPPPoE接続
(Point-to-Point Protocol over Ethernet)を使用しインターネットに接続しているのですが、
どれだけ速い帯域(フレッツ光隼など)接続を使っても 最大200Mbps に制限されていること、
1Gbpsでもそこまで使えない、ということです。
理由は上記のリンクを見ていただければ分かりますが、なんかもったいない話ですね。

それを解決するのがIPv6接続で可能になるIPoE接続。
PPPoEと何が違うかと言うと、接続先が違うんですね。
IPv6ってなんぞや…これはまた改めて。
最近は光回線(最近は光コラボなど、プロバイダが光回線を販売しています)
を申し込むと、送られてきた機器を接続するだけで
簡単にインターネット接続ができるようになっています。これがIPoE接続。
光回線に既にプロバイダ接続の内容が入っていて、煩わしい設定をする必要がありません。
ちなみに私の自宅も某携帯電話会社のコラボ光。日昼夜問わず300Mbps、速ければ500Mbps近くまで
速度が出ていて快適です。
ただ、これはご家庭などの使用が一般的で、業務で使う場合には注意が必要です。
その辺りは長くなるので割愛しますが、これからはIPv6インターネットが当たり前の時代になりそうです。